コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

「不動産査定価格=不動産が売れる金額」
ではない!査定額の罠

「査定価格=売れる金額」ではない!査定額の罠

「査定価格=売れる金額」ではない!査定額の罠

不動産査定価格について、最初にどうしても書いておきたいことがあります。

マイホームを売却する場合、必ずお願いするのが不動産売却査定です。

しかし、多くの方が勘違いしていることがあります。それは「査定価格=売れる金額」ではありません。

査定価格が2500万円だったからといって、必ずその不動産業者が2500万円で買い取ってくれるわけでもありませんし、必ず2500万円で買ってくれる人をみつけてくれるわけでもありません。

不動産査定価格というのは、今現在あなたのマイホーム(一戸建て・マンション)を売るのであれば、これくらいの価格で売るのが妥当ですよ。という参考価格に過ぎません。

最終的に「いくらなら買ってもいいのか?」「いくらなら売ってもいいのか?」 これを決めるのは買主と売主であり、決して不動産業者ではありません。

つまり不動産業者が提示する不動産査定価格だけを鵜呑みにして、売却依頼する不動産業者を決めてしまうのはまったくもって意味がありません。

悪い不動産業者であれば自社に売却依頼をしてほしくて、わざと売れるはずもない高い査定額を提示することもあるでしょうし、早く売って仲介手数料をもらう為にわざと安い査定額を提示する不動産仲介業者もいます。

査定額はあくまでも不動産業者を選定する1つの手段に過ぎないことを覚えていて欲しいのです。

査定額で一喜一憂する気持ちは当然わかります。
しかし、それだけで不動産業者を選んでいると後悔することもきっとあります。

まとめ

査定価格については別記事の「不動産(マンション、一戸建て、土地)査定で損をしない方法」でより詳しく解説していますので、ぜひ参照してください。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close