コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

土地を少しでも高く売るコツ

土地を少しでも高く売るコツ

土地を少しでも高く売るコツ

土地というのは本当に第一印象がすごく大事な商品です。
一戸建てやマンションを売却する場合、外見が少し古くてもリフォームやリノベーションで内装が綺麗であれば、
購入者の印象を大きく変えることもできます。

しかし、土地の場合は第一印象のまま変わることは滅多にありません。
つまり売却地に良い印象を持ってもらうためには、第一印象を良くしないことには、いつまで経っても購入者は現れないということです。

第一印象が良い土地・悪い土地

土地の日照具合や形状などは今更どうにかできる問題ではありません。

そのため、土地の日照や形状などを気にする必要はありませんが、土地の手入れは(整備)は重要です。
第一印象が悪い土地というは、以下のような土地をいいます。

  • 草木が生い茂っている土地
  • 空き缶やゴミが散乱している土地
  • 朽ち果てた感じの建物(倉庫)が残っている

これらはすべて売主の努力次第でいくらでも改善することができます。
遠隔地に住んでいて中々土地の手入れ(整備)が出来ないという人もいるでしょうが、
そのような場合は、定期的に便利屋を頼んだり、シルバー人材派遣会社などに草刈りなどを依頼することもできます。

土地の売却はタイミング

土地を少しでも高く売りたいのであれば、自分の希望する価格で売り出してみるのが一番です。

ある程度の坪単価というのが存在しますが、これは中古マンションや中古住宅ほど重要視されていません。
どうしてもその地域に土地を探しているという人がいれば、多少高くても購入してくれます。

急いで売却したい理由がないのであれば、
半年~1年くらいは自分の希望する価格で売り出してみることをお薦めします。

わたしもハウスメーカーで営業の仕事をしていた経験がありますが、
お金に余裕がある人は希望する地域なら多少相場より高くても購入するので探して欲しいと言ってきます。
要はどうしても買いたいと思う人がそのタイミングで土地を探しているかです。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close