コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

土地売買時の測量について

土地売買時の測量について

売買時に土地測量は必要なのか?

上記でも書いていますが、土地の売買に必ずしも土地の測量が必要だとはいえません。
売買契約書に「地積測量図を添付する」ことが明記されていれば、確定測量をして地積測量図を作らなければなりませんし、「境界を明示する」とだけ書かれていれば、現況測量だけでも十分です。

都心部など土地の単価が高い地域では、確定測量により正確な地積を求められるケースが多いのですが、
土地単価が低い地方部では現況測量で売買されるケースが多いようです。

地積測量は思ったよりも費用が掛かりますので、
地方部の広い土地で確定測量を行うと土地の売買代金では見合わないケースもあるからです。

都心部では実測売買という方法で、測量した地積に坪単価を掛けて売買代金を決定するケースもあるのですが、
地方部では公簿売買といい登記簿などに記載されている地積に坪単価を掛けて売買する方法が一般的です。

土地測量の目的とは?

土地売買で測量を行う目的は大きくわけて以下の3つです。

  • 後々の境界トラブルを防止する
  • 土地の正確な地積を測量し、売買代金を決定する
  • 現段階での境界トラブルが発生していないかを確認する

せっかく土地を購入して新居を建築しても、隣地との関係が上手くいかなければ毎日が楽しくありません。
境界トラブルというのは、日常的に誰にでも起こりうる可能性があります。
それを未然に防止するためにも、土地売買時には境界を明確にし、現時点での境界トラブルを抱えていないかを再確認する必要があるのです。

土地測量の費用について

気になるのが土地の測量費だと思います。
まず、土地を売る側と買う側では、どちらが測量費を負担するのが一般なのでしょうか?

これはあくまでも一般論なのですが、現段階では売る側の人が測量費を負担するケースが多いです。まれに買主と売主が半分ずつ折半することもありますが、基本的には売主だと思ってください。

土地家屋調査士 つぎに測量費ですが、確定測量を専門業者に依頼すると100㎡程度の正四角形の土地でも20万円~30万円ほどの費用が掛かります。土地の面積が広くなったり、土地の形状が複雑になればそれだけ費用も高くなります。
本当に複雑な土地だと測量費に100万円ほど掛かる場合もあるのです。

ちなみに測量を依頼する不動産業者ですが、測量専門の会社だと思っている人もいますが、昨今では「土地家屋調査士」に依頼するのが一般的です。
ただし、不動産業者によって測量価格はけっこう幅がありますので、ネットの一括査定見積もりを依頼し、そのなかで測量の見積もりを聞いてみるのも良い方法だと思います。

まとめ

近隣トラブルを防止する策として土地売買に測量は欠かせない項目です。
確定測量と現況測量のどちらになるかは、買主次第という一面もありますが、 売主側としては現況測量で済ませることが出来たほうが良いに決まっています。 まずは最寄の法務局で過去の測量実績を調べてみましょう。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close