コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

接道がない家でも売却できるのか?

接道がない家でも売却できるのか?

現在の法律では、敷地が道路に2m以上接していないと家を建てることができなくなっています。
しかし、この法律が施工される前に建てられた家は必ずしも道路に敷地が接している訳ではありません。

つまり、築年数が古い家(一戸建て)を売ろうと思っても、道路に接しておらず売ることすらできないという物件が時々あります。

このような物件を購入しても、家を解体して新しい家(一戸建て)を建てることができないので、買手が中々みつかりません。

しかしまったく何も手が無いわけではありません。
例えば、リフォームです。

新築で家(一戸建て)を建てることはできませんが、リフォームなら可能です。 もっと解りやすく言えば、建物をほぼ全て壊してしまっても、当時の建物の柱1本残した状態であれば、それはリフォームなのです。

つまり古くなって住めなくなった家(一戸建て)でもフルリフォームして自分たちで住むという選択肢もありますし、フルリフォーム可として格安でもいいので売ってもらうという方法もあります。
言い方は悪いのですが、不動産には色々と法の抜け道が存在しているのも事実です。

たった1社の不動産会社に相談して、「その家は接道がないので売ることはできません」と言われたからといって素直に諦める必要はありません。 他の不動産会社に相談することで、もっと何か他の売却方法をアドバイスしてくれる場合もあります。

そんなときに便利なのが、ネットの「一括査定見積もりサイト」だと思います。

ここには、多くの不動産業者が登録していますので、色々な不動産会社からアドバイスを聞くことができます。

不動産売却で困っているのであれば、一度「一括査定見積もりサイト」を利用して、 経験豊富な不動産会社を探してみることをお薦めします。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close