コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

築年数が古い家を売却するコツ

築年数が古い家を売却するコツ

築年数が古い家を売却するコツ

近年深刻化しているのが、築年数が古くなった中古一戸建て物件の売れ残りです。
日本の人口は年々減少しているにもかかわらず、新築のマンションは毎年建築されています。

そうなると必然的に、人口と住宅の需要と供給のバランスが崩れてしまいます。
とくに築年数が古い中古一戸建て住宅やマンションは買手が付かず、売れ残る物件が益々増え続けることが予測されます。

ある地域のマンションを例にあげると、築15年ほどの分譲マンションが今は中古物件として
10万円や30万円という驚きの値段で売られています。
間取りも2DKや3LDKという立派なマンションです。
それでも全然買手が付かずに、同じような価格の中古マンションの売り出し物件ばかりが増え続けているのが現状です。

このように築年数が古い中古住宅は、
どのよな手段であれ早期売却することをメインに考えなければならない時代へと入っています。

築年数が古い一戸建て住宅なら解体渡しも検討する

築年数が古い家を売却する場合、買主が必ずしもその建物に住むわけではありません。
買主のなかには、現在の建物を解体し、新しく新築の家を建てるという考えを持っている人もいます。

このように買手側の間口を広げるという意味でも、解体費用を売主が負担するという売り方もあります。
木造住宅であれば解体費用は100万円ほどあれば可能でしょう。

100万円値引きするつもりで解体を希望する買主には、
売主側が解体し更地にした状態で渡すという条件をつけてあげることもできます。

つまり、参考までに解体費用がどれくらい掛かるのかをあらかじめ試算しておくことも、
売るための戦略のひとつになります。

建築診断を受け、安心して住める中古一戸建て住宅であることをアピールする

業者選びがすべての鍵を握っている! 築年数が古くなっている中古一戸建て住宅を購入する際、買主側が一番不安に思うのが購入後すぐに雨漏りや設備トラブルが起こるのではないか?

そうなると購入費とは別に余計な出費が必要になるという不安です。 それを防止するために瑕疵担保責任という保証制度があるのですが、築年数が古い家に瑕疵担保を付けるのは売主側の大きな負担にもなりかねません。

そこでお薦めしたいのが、プロの住宅鑑定士に依頼し、現在の建物状況の診断をしてもらうことです。 「地盤の沈下が起こっていないか?」
「シロアリ被害がないか?」
「配水管などに不良箇所がないか?」
「構造に腐敗や重要な欠損がないか?」
このように建物を総合的に診断してくれる
「住宅診断」という検査方法があります。

プロの鑑定士に依頼をするのですから、当然費用が掛かる話なのですが、 目安としては5万円~10万円ほどで済みます。
これを受けているだけでも、買主側の不安を大幅に軽減する効果がありますので、
5万円~10万円の価値は十分にあると思います。

一戸建てだから可能なポイントをアピールする

築年数が古くなっていようが、一戸建ては一戸建てです。
一戸建て住宅ならでわのセールスポイントを存分にアピールすることも早期売却のポイントになります。

例えばマンションには管理規約などがあり、好きにリフォームできる箇所が制限されていますが、
一戸建てであれば買主の好きなようにリフォームすることが可能です。
その他にも、マンションではできない太陽光発電システムを設置することもできます。

太陽光発電システムを設置することで、電気料金の大幅な削減も可能になりますし、
余った電力を電力会社に買い取ってもらうことも可能です。

このように一戸建て特有のアピールポイントを大いに活用し、
販売戦略に組み込むことも早期売却へと繋がります。

まとめ

中古住宅は需要と供給のバランスが完全に崩壊しつつあります。
今後益々、核家族化と都心部への集中が始まり、地方都市では築年数が古い家の需要が減ってしまいます。
そうなると売却することすら困難な時代がすぐ近くまで迫っています。
とにかく今の時代、どんな方法でも買手を見つけることが優先です。
あらゆる手段を講じ、早期売却できる販売戦略を立てることが早期売却へと繋がります。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close