コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

一戸建ての査定を
少しでも高くするコツ

一戸建ての査定を少しでも高くするコツ

一戸建ての査定を少しでも高くするコツ

一戸建て査定の流れは、基本的にマンションと同じなので、
「マンション売却のポイント」にある「マンション査定の流れとポイント」をご覧ください。

流れは基本的にマンション査定と同じなのですが、査定額については違ってくる部分があります。
マンション査定に比べ、一戸建ての査定というのは不動産業者によって査定結果が大きく異なるケースが多いのです。

結論から言えば、一戸建ては不動産業者によって見るポイントが全く異なるので、一戸建てこそ一括査定を使うべきです。

今回は一戸建て査定についてのポイントを解説していきたいと思います。

一戸建て査定は不動産業者によって価格差が大きくなるのはなぜ?

不動産会社2社にマイホーム査定を依頼したとします。
マンションであれば2社とも似通った査定結果になることが多いのですが、
一戸建ての場合は査定価格に大きな価格差がうまれることがあります。

これは査定方法の違いが考えられます。
マンション査定の場合は、基本的にどの不動産業者も「取引事例比較法」という査定方法を採用しているのですが、
一戸建ての場合は不動産業者によって査定方法に違いが出やすいからです。

A社はマンション同様「取引事例比較法」を用いて査定算出し、B社は「原価法」によって査定を算出した。
このように査定の算出方法が違えば、査定結果が大きく異なるケースもでてきます。

つまり一戸建て住宅を売却査定するときこそ、より複数の不動産業者に査定依頼をする必要性が高くなるというわけです。
もっと具体的にいえば、一戸建て住宅の査定ほど「一括査定見積もり」の利用価値が高いものはありません。

建築時の資料を用意しておく

一戸建ての査定を依頼するとき、可能であれば建築時の資料をなるべく用意しておくようにしましょう。

新築建築時に、建築図面、仕様書、工事記録簿など多くの資料を受け取っているはずです。
マンションであれば、大事な書類は管理組合が保管してくれていますが、一戸建て住宅は所有者個人で保管しなければなりません。

このような建築時の資料が残っているのであれば、訪問査定を依頼するときに査定員に見せるようにしてください。

これらの書類が残っているからといって、査定に大きく関係することは滅多にありませんしかし、査定員の心象として「家を大事にしている」「買主にも説明しやすい」など、プラスポイントになる可能性は高いです。

また売却時には最低限の資料を買主に引き継がなければいけませんので、査定の段階でこれらの資料がどこまで残っているのかを確認するという意味もあります。

近隣価格の情報収集

査定依頼とは別にあなた自身が近隣の価格について調べることも必要不可欠です。
インターネットを使えばそう難しくありません。

A:今現在、近隣で売りに出されている中古一戸建て住宅の売り出し価格を調べる。
これは単純にあなたのマイホーム査定と比較することができます。
そのため、できれば築年数が同じくらいの物件が望ましいです。

坪数築年数売り出し価格坪単価
1軒目60坪10年2500万円41.6万円
2軒目35坪15年1400万円40.0万円

B:近隣で売り出されている建売住宅があれば、その価格も調べる。
これは新築住宅なので現時点での最高値という捉え方ができます。
つまり、どんなに頑張っても中古住宅である以上、これ以上の値がつくことはありません。

坪数築年数売り出し価格坪単価
1軒目50坪新築3400万円68.0万円
2軒目40坪新築2800万円70.0万円

C:近隣で売りに出されている土地があれば、その価格も調べる。
これは単純に土地だけの価格を知るために必要です。
一戸建ては新築から10年を超えると建物の評価はほぼゼロになってしまうといわれます。
つまり、この土地だけの価格よりも低い査定額というのも絶対にありえないことなのです。

坪数築年数売り出し価格坪単価
1軒目60坪建物無し2100万円35.0万円
2軒目47坪建物無し1800万円38.3万円

あなたの家(一戸建て)の査定結果

坪数築年数査定額坪単価
52坪12年2000万円38.4万円

この査定結果だと、明らかに地域の相場よりも安いことが解ると思います。
単純に売り出し価格を坪単価で割っても中古住宅2軒目の1400万より価格は高いですが、単価では負けています。
このように近隣の売り出し状況を調べることで、あなたの物件に対する査定が適正であるかを自分なりに調べることができます。

もし、このように近隣相場よりも明らかに低い査定結果となった場合は、その根拠を聞くなどして納得のいく答えを求めるのが良いでしょう。

まとめ

一戸建ての査定は不動産業者や査定方法により異なる結果が出る場合があります。
依頼している不動産業者によって大きな価格差がでてしまった場合は、どのような根拠でこの査定額になったのかを納得ができるまで聞いてください。

また、近隣の不動産事情を自分で調べてみることで、おおよその相場を知ることが出来ます。
この相場と比較して明らかに低い査定をされている場合は、自分が調べた結果をみせ、その違いを納得できるまで聞くようにしてください。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close