コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

最終的に売り出し価格を決めるのは
あなた自身

最終的に売り出し価格を決めるのはあなた自身

不動産査定とは、プロの目からみて「これくらいの金額であれば不動産(一戸建て・マンション・土地・ビル)が売却できるであろう」という価格です。
あくまで実際に売り出すときの参考程度の価格だと思って頂ければいいですし、査定する側もそのつもりで査定価格を算出しています。

つまり、査定額に大きく振り回される必用は一切ありません。

売主にはそれぞれ売る理由があるはずです。
転勤や離婚が原因で少しでも早く売りたいという人もいれば、買い替えのために売却する人もいますし、住宅ローンの支払いが厳しくなり手放す人もいます。

すべての物件は、それぞれ売主の思惑があり、必ずしも同じ目的で売られている物件ばかりではないということです。

転勤の時期が迫っており、1日でも早く売却したいという場合は市場価格よりも多少低い額で売り出すことになるでしょうし、住宅ローンの返済に困っての売却であれば、売却後の残債務を減らすため少しくらい時間が掛かってもいいから高額で売りたいというのが本音でしょう。

つまりいくら査定が低いとか高いとか考えても、最終的に物件の売り出し価格を決めるのは、あなた自身ですし、あなたの都合に大きく左右されることを理解してほしいのです。

不動産業者が2500万円で売りに出すのが妥当です。
と言っても2800万円で売りたいと思えば2800万円で売りに出してみればいいのです。
その後は問い合わせ件数などの反応を見ながら値下げを検討したりすれば良いのです。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close