コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

マンション売却のための
リフォームは効果的か?

マンション売却のためのリフォームは効果的か?

マンションをリフォームしたら高値で売れるのか?

リフォームをした物件が売れやすいのは事実です。
しかし、リフォームしたからといって高値でマンションが売れるという考えではありません。

リフォームせずに売りに出す方が結果的にお得 リフォームしていないよりは、リフォームしている方が売れやすい。
しかし、リフォームに見合う価値で売れるわけではありません。

買手が早く見つかりやすいようにと、500万円掛けてマンションをリフォームしたとします。
だからといって査定額が500万円高くなるわけでもありませんし、売値が500万円高くなるわけでもありません。

500万円のリフォームをしたとしても、せいぜい査定や売値に比例するのは、200万円~300万円程度でしょう。
つまり、売るためだけのリフォームであればしない方が妥当だと思います。

「マンションを売却したいのですが、築年数が古いのでリフォームしてから売り出すのが良いでしょうか?」

「子供が小さく、壁紙などに落書きをしています。それらを交換してから売り出すのが良いでしょうか?」

このようにマンションのリフォームをしてから売りに出そうか迷っている人も少なくないと思いますがリフォームせずに売りに出す方が結果的にお得なケースがほとんどです。

マンションをリフォームする問題点

価格以外にも問題があります。
それは売主が行うリフォームが、購入者の希望に沿うリフォームなのか?という点です。

売主は良かれと思い、古い壁紙を新しく薄ベージュ色に張替えて売りに出したとします。
でも、買主は薄ピンク色の壁紙にしたいと考えていました。
こうなるとせっかく売主が新しく張った壁紙を剥がして、薄ピンク色の壁紙を再度施工しなければなりません。

つまり売主の好みが万人受けする訳ではないということです。

リフォーム費用を値引きするという方法

成約後に○○万円までのリフォーム費用を負担します これらのことを考えると、売るためのリフォームはほぼ不必要だという結果になります。
しかし築年数が古いマンションの場合、和室が多かったり、壁紙が汚れていたりと内覧者の購入意欲を減少させることにもなります。

そのような対策として、折込チラシやホームページの物件情報に
「成約後に○○万円までのリフォーム費用を負担します」と一行書いておくのが効果的です。

あなたが売るためにリフォームしようと考えていた費用を購入者に代わり負担してあげるのです。
もちろん、リフォームが不要というお客様の場合は、その費用を物件価格から値引きしてあげます。

同じように考えている売主も多いでしょうし、不動産会社もこのようにアドバイスしてくれる場合があります。
しかし、それを買い手側に伝えなければ何も意味がありません。

それをチラシやホームページの物件情報に記載することで、今まで古いからと敬遠していた層の顧客を取り込むことが可能になります。
自分でそう考えていても、それが相手に上手く伝えることができなければ、まさに宝の持ち腐れ状態でしかありません。
これが「販売戦略」です。

まとめ

マンションをリフォームしたからといって、その費用がそのまま売却価格に反映されることは滅多にありません。
それであれば、リフォーム費用を負担してあげたり、値引きしてあげることで購入者の希望に沿ったリフォームをお手伝いしてあげるほうが良い条件だと思います。
また、自分の意思を購入希望者にどのように伝えるかもマンション売却には欠かせない戦略となります。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close