コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

マンションの査定を
少しでも高くするコツ

マンションの査定を少しでも高くするコツ

マンションの査定を少しでも高くするコツ

インターネットの「一括査定」を利用する

インターネットの「一括査定」を利用する

マンションの査定は必ず複数の不動産会社に依頼するようにしてください。 街の不動産会社だけに依頼する人が多いのですが、それでは不十分です。

マンションの査定額というのは、おおげさに言ってしまえばマンションを査定をする不動産業者のさじ加減次第です。
とくに不動産会社は良い物件をいかに安い価格で売り出せるかによって成約率が大きく違ってきます。

そのため、査定額は物件価値よりも低く見積もった方が不動産会社にとって得なのです。
そのため、必ず複数の不動産業者にマンションの査定を依頼し、適切な売り出し価格を導き出してから販売価格を決めるようにしましょう。 そこでオススメなのがインターネットを利用した「一括査定見積もり」です。

街の不動産会社に査定を依頼すると、その不動産会社は自社だけに査定を依頼していると思い、できるだけ売れやすいように低い査定結果を導き出そうとします。

しかし、一括査定見積もりを利用すれば、最初から他の不動産業者にも査定依頼を行っていることを理解した上でマンションの査定額を算出しますので、自然と不動産業者間での競争意識が芽生えますし、低額な査定をする訳にもいきません。

マンション特有の査定ポイントを理解しておく

同じ不動産査定なのですが、一戸建てとマンションでは査定のポイントが違う箇所がいくつかあります。
マンション査定では、どのようなポイントを見られているのかを知っておくことが高額査定に繋がるコツです。

マンション特有の査定ポイント

立地条件or周辺環境

マンション査定で重要視されるのが立地や周辺の環境です。
マンションの利点は立地の良さにあります。
どれほど良い地域なのかをアピールすることも大事です。
自作の周辺マップを作る、マンション購入時の申込倍率を調べるなどの対策が有効です。

築年数

一戸建ての場合、築10年を超えると建物の価値はほぼ0円です。
しかしマンションの場合は築年数が大きく査定に影響します。
こればかりは売却が決まったら少しでも早く売りに出すしか方法がありません。

階数や部屋の位置

高層階や角部屋のほうが高額査定となりますが、
これも今更どうにかできる問題ではありませんので、知っておく程度でよいでしょう。

専有部分と共用部分

マンションには、居住者の所有である専有部分とマンション居住者が共同所有をしている共用部分に分けられています。
この専有と共用の部分は将来的なリフォームにも大きく影響を及ぼします。

管理組合と維持管理費

管理組合が上手く機能しているのか?
維持管理費をどれくらい支払っているのか?
これは購入者側としてはぜひ知りたい情報のひとつです。
管理組合の議事録や維持管理費が過去どのように使われているかなどを、まとめておくと良いアピールポイントになります。

駐車場の位置

マンションの駐車場問題は深刻です。
現在止めている駐車場の位置が査定に影響することもありますし、現時点で駐車場の空きがあれば更にプラスポイントに繋がります。
また、近隣月極め駐車場の空き状況や価格相場なども調べることができれば尚良いです。
空きがでれば敷地内で2台借りることができるなどアピールポイントをまとめておきましょう。

近隣トラブル

直接的に査定に影響することはあまりありませんが、両隣や上下階にどのような人が居住しているのかを簡単にまとめておきましょう。
また、過去に両隣や上下階とのトラブルが無かったことなどもアピールしておきましょう。

他の居住者

両隣や上下階に関係なく、マンションの居住者は重要です。
暴力団関係の人が住んでいるだけで購入者側は敬遠しますし、最近では賃貸で貸している部屋も多くなっており、賃貸が多ければ多いほど購入者は嫌がる傾向にあります。
また、自宅でエステやネイルなどを営業している家があると、マンション内に不特定多数の人が出入りするようになりますし、違法駐車が増えてしまいます。

近隣の空地状況

近隣に空き地があると将来的に高層マンションが建設されるという懸念がでてしまいます。
これは購入者側もそうですが、査定でもマイナスポイントと捉えられることがあります。
今回のケースは売主が個人的にどうにかできる問題は、そう多くありません。
しかし、このようなポイントがマンションの査定には影響しているのだと知っておくだけでも、その後の対策が大きく変わってきます。

まとめ

マンション特有の査定ポイントを理解しておくことで、どこをアピールすれば高額査定になるかが解りますし、
一括査定見積もりを利用することで、悪質な不動産業者に依頼してしまう可能性を大幅に軽減することができます。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close