コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

家(一戸建て・マンション)を売却後であっても
一定の期間はその家を保証する義務を負う

家(一戸建て・マンション)を売却後であっても
一定の期間はその家の保証する義務を負う

雨漏り、シロアリ被害など隠れた部分の欠陥「瑕疵」 しかし、家(一戸建て・マンション)を売却後に「私は知りません」が通用するのであれば、悪い人などは雨漏りやシロアリ被害を知っていながら、それを隠して家(一戸建て・マンション)を売却してしまう可能性が高くなります。
このように買主にとって不利な物件を購入してしまった際の救済処置がこの瑕疵担保責任なのです。
つまり、売主は家(一戸建て・マンション)を売却後であっても一定の期間はその家の保証をしなければならないことになります。
もちろん、売主がシロアリ被害や雨漏りしていることを知らずに売却した場合でも同等の責任があります。瑕疵というのは、隠れた部分の損傷や欠陥などを指しています。

損傷や欠陥があることを知っておきながら、それを隠して家を売却するのは瑕疵ではなく告知義務違反となりますので、損害賠償請求だけでなく契約そのものを白紙撤回されても仕方ありません。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close