コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

囲い込みをしている不動産業者を
見破るテクニック

囲い込みをしている不動産業者を見破るテクニック

囲い込みをしている不動産業者を見破るテクニック 物件の囲い込みをしていないか見破るのは簡単ではありません。
それでも物件の囲い込みをしている不動産業者には、いくつかの特徴がありますので覚えておいてください。
A社が物件を囲い込みをしている不動産業者だとします。
まずA社のホームページで売買物件のチェックをしてください。
もし、A社の売買物件が他の不動産会社がどこも掲載していない場合は、物件の囲い込みをしている可能性が高くなります。
一般的にA社が媒介契約している売り物件でも、他の不動産業者に斡旋を依頼していれば、その不動産業者のホームページでも紹介されているからです。
他の不動産業者のホームページにまったく物件情報が載っていないということは、A社が「他社取り扱い不可」という風にしている可能性が高いです。

他の総合不動産サイトなどに物件情報が掲載されていない場合も注意が必要です。
ヤフー不動産やgoo不動産などのポータルサイトに掲載されていないということは、A不動産が他の不動産業者から問い合わせがあることを嫌がっていることが考えられます。
このような情報を知っておくだけでも、悪質な不動産業者に依頼してしまう可能性を低くすることができるはずです。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close