コンシェルジュ直通
不動産ご相談窓口

0120-416-559

365日対応
受付時間 10:00〜19:00
通話料無料、相談無料

HOME > 不動産売却講座 >

不動産仲介業者が売主と買主の双方から
仲介手数料(両手)をとるための仕組み

不動産仲介業者が売主と買主の双方から
仲介手数料(両手)をとるための仕組み

しかし、A社で買主もみつけることができれば、A社は売主と買主の双方から仲介手数料(両手)をもらうことができます。

このようにA社が売主と買主の双方から仲介手数料を貰いたいがために、
B社やC社から買いたいお客様がいるので不動産物件を紹介したいとA社に問い合わせても、
A社は「もうすでに交渉中のお客様がいる」と断ってしまいます。

もちろんB社やC社から問い合わせがあったことは、売主には秘密にしますので売主はいつまで経っても問い合わせすらないと勘違いしてしまい、その結果、売値を下げることにも繋がります。
このような不動産物件の囲い込みは何も珍しいことではありません。
意外と知られていないだけで、不動産物件の囲い込みをしている不動産業者はかなり多いのです。

ステップ1

  • 査定したい物件の種類を選択ください。

  • 不動産が所在する都道府県を選択ください。

査定開始

コンシェルジュ直通不動産ご相談窓口

  • お電話での相談はこちら
  • 0120-416-559

365日対応 受付時間 10:00〜19:00/通話料無料、相談無料

トップヘ

ギフトカードプレゼントヘ close